dTV-女たちは二度遊ぶ感想①どしゃぶりの女

基本的なVOD(有料動画配信)生活は、Huluをメインにしているのですが、同時にdTVでもオリジナルコンテンツを中心に視聴しています^^
dTVはBeeTVと協力してかなり初期からオリジナルコンテンツに力を入れていたことや、「テレビに劣らないように」と豪華キャストを使っているので意応えありますよ!
今日は『女たちは二度遊ぶ』から、どしゃぶりの女をレビューしていきます♪

女たちは二度遊ぶ

1.女たちは二度遊ぶ 基本情報

2010年にBeeTVでドラマ化されました。吉田修一の「女たちは二度遊ぶ」(2006年)を原作にしています。
“愛されるより、忘れられない女になる”をテーマとして、誰もが一度は経験するような日常の恋愛を切り取って描くオムニバス方式です。
『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、指揮を執り主題歌を安室奈美恵が担当している最強タッグとなっています。
BeeTV史上最長のダウンロード60日間連続1位を記録し、累計で900万ダウンロードを突破。
また、ケータイドラマとして初めて国際映画祭(2010年台北映画祭)で上映されるなど高い評価を得ている作品です。

2.キャスト

BeeTVでは5つの女の話が配信されています。

・どしゃぶりの女
相武紗季/柏原崇

・自己破産の女
水川あさみ/高良健吾

・夢の女
小雪/小柳友

・平日公休の女
優香/塚本高史

・つまらない女
長谷川京子/ユースケ・サンタマリア

最近人気者の高良健吾をこのときすでにキャスティングしていたのはすごいですね!
女性キャストが豪華で話題になりましたが、男性キャストもいやいや!すごい面々だな~と。

3.どしゃぶりの女

お待たせしました!「どしゃぶりの女」の感想です!

これは、最初に言わせてください。
相武紗季、可愛い・・・!!最近はあまり表に出てこないですが、改めて、相武紗季かわいい!!と何度も思いました。

「最初は一晩だけのつもりだったんだ。だから遠まわしに、”雨がやむまでいれば?”って言ったんだけど・・・」

飲み会で知り合った女(相武紗季)を自宅に泊めた男(柏原崇)。
一晩だけのつもりが、雨が3日間降り続いたことから部屋に居座るようになる。
男(柏原)が仕事へ出かけて帰ってきても彼女は動く気配はない。
「飯は?」
「まだ。」
彼女は自分の食事はおろか、炊事洗濯を何もしない女だった。
机の上の灰皿に山盛りになったタバコすら捨てない女だった。

「お前なんてな、3秒で説明がつく女なんだよ」

でも、男(柏原)はだんだんとこの女(相武紗季)を愛おしく感じて・・・

どうしようもないのに何か心をつかまれてしまった様子がすごくリアルに描かれています。

しっとりとしているけど決して重くはない作品です。
どしゃぶりの女すべて見ても30分もしないので、寝る前などのふと落ち着いた時間などがオススメの鑑賞タイムです♪

Huluを使ってみたいと思った方は今すぐ使ってみよう!
2週間は無料なので、試す価値はあります!

関連動画

女たちは二度遊ぶに関する最新のツイート

吉田修一bot
@shuichi_bot

そう、まるで出会わなかったような出会いだったからこそ、何年も経ってから、とつぜん懐かしく思い出すこともあるのだ。(女たちは二度遊ぶ-CMの女)

2019.05.21 07:06
さゆき
@smusglivr

俗に「恋愛小説」と呼ばれる作品は苦手なんだけど、たまにスコンとツボにハマるものがある。吉田修一の『7月24日通り』がまさにそれ。 というわけで今日は吉田修一の『女たちは、二度遊ぶ』を読んでみます。

2019.05.20 01:47
吉田修一bot
@shuichi_bot

明るいオーラってその人自体が明るく見えるんじゃなくて、その人の周囲が明るいのよ。で、逆に暗いオーラを感じる人っていうのは、その人自身が明るくて、だから逆に周りが暗く見えるというか……」(女たちは二度遊ぶ-十一人目の女)

2019.05.17 14:06
レペ
@hit4boy

吉田修一『女たちは二度遊ぶ』男性目線で様々な女性たちを描いた短編集。ストレートな恋愛話ではなく、男性から見た女性の謎な部分がテーマなのでしょう。女性の振る舞いの、あるあるですが、とまどう男性を通し女性の心の内を想像するしかありません。https://t.co/INJK0qgYPq

2019.05.16 07:32
読む黒
@Yomukuro_kakuro

RT @kwrit_yui: 脳裏に浮かぶは憂鬱な曇りの空 女たちの身勝手を、憂うのは自由。 ただ、彼女たちがそれを意に介してあなたを慮るわけではない。 憂いはあなたのもの、同時に彼女たちの身勝手も、彼女たちのものだ。 ✴︎ スピード感のあるシンプルな文体、大変読みやすか…

2019.05.15 14:42
吉田修一bot
@shuichi_bot

自分がいい加減な男だということは知っていた。そういうことを知っているから尚、いい加減なのだろうということも分かっていた。目分量で作るのが料理のプロなら、さしずめ自分は人生のプロなんじゃないかと。(女たちは二度遊ぶ-ゴシップ雑誌を読む女)

2019.05.15 05:06

おすすめジャンル別特集

カテゴリー

動画配信サービス一覧

最新の記事一覧